2010年02月28日

弱ってきたバッテリー対策“その2”「モト・イージー」を装着!

昨年の12月、弱ってきたバッテリー対策として「トリクル充電器」を購入し、
室内で1週間ほど充電してみたところ、元気のないバッテリーは何とか復活し、
勢いよくセルモータを回すパワーを取り戻しました。

ただ、ナイトスターはキーをONにした時点ですぐにヘッドライトが常時点灯し、
スターターボタンを押しているときもヘッドライトは消えないので、以前から
バッテリーへの負荷が気になっていました。。自分で装着できそうな汎用品の
ヘッドライトON/OFFスイッチがないかと思い、WEBで色々と探していたところ、
私のニーズにピッタリ合う「モト・イージー」という商品が見つかりました!
DSCN2804b.JPG

DSCN2806b.JPG

モト・イージーは、ヘッドライトに簡単に接続できるカプラータイプの商品で、
ヘッドライトHi/Lo切り替えスイッチを「Lo」の位置にしてキーをONにすると、
ヘッドライトは点灯せず。エンジン始動後、ヘッドライト切り替えスイッチを
「Hi」の位置にするとヘッドライトが常時点灯するというスグレモノです!!
(※一度「Hi」の位置にして点灯したヘッドライトは、その後「Lo」の位置に
戻しても消灯しない仕組みになっています)
これなら、別でヘッドライトON/OFFスイッチを付ける必要もなく便利なので、
さっそく購入して取り付けてみることにしました。

まずはヘッドライト下部のネジをドライバーで緩めてヘッドライトを外します。
DSCN2803b.JPG

ナイトスターの場合はヘッドライトケースが小さいので単純にカプラーオンで
装着すると、モト・イージーを含めた配線類がヘッドライトケース内に収まり
きらないということがわかり、急遽、カプラーを切断してギボシ端子での接続
を試みることに。。(- -;)

とりあえず、モト・イージーに付属のカプラーを切断してギボシ端子を装着。
DSCN2792b.JPG

次に、車両側の純正カプラーを切断し、こちらにもギボシ端子を装着。。
DSCN2790b.JPG

DSCN2791b.JPG

ヘッドライト端子にモト・イージーを接続し、モト・イージーのギボシ端子と
車両側のギボシ端子を接続。スリムになった配線類はヘッドライトケース内に
なんとか収まってくれました。。
DSCN2794b.JPG

DSCN2798b.JPG

さてさて、エンジン始動時のバッテリーへの負荷は軽減されているのか。。
ヘッドライト切り替えスイッチを「Lo」ポジションにしてキーをONにすると、
確かにヘッドライトは消灯している。恐る恐るスタータースイッチを押すと、
セルモーターは「キュルキュルキュル!」と、いつもよりすこし軽快な音を
立てて回ってくれました!

これで、気になってきたバッテリー上がりへの不安もほぼ解消されました。
これから暖かい春がやってくれば、寒さによるバッテリー性能ダウンの心配も
少なくなるかと思います。あとは、定期的にトリクル充電して満充電状態を
保つように心がけたいと思います。。
DSCN2322b.JPG

■■ブログランキングに参加しています■■
↓↓コチラを1回クリックして1票いただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
m(_ _)m いつも応援ありがとうございます m(_ _)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。