2009年12月31日

【ナイトスターWEB取説!】バッテリーの取り外しについて

ナイトスターWEB取説は、ナイトスター購入を検討されている方のために
立ち上げたカテゴリーです。興味のある方は是非ご参考にしてください。

先日、トリクル充電器を購入しましたので(詳しくは12/28の記事にて)、
早々に弱っているバッテリーを満充電にするべく取り外しにトライしました。
※取り外し手順はオーナーズマニュアルを参考にしています。

@まずは左サイドカバーを開けます。サイドカバーの上部を手前に引くと
以下画像のように開きます。

DSCN2248a.JPG

A次に「マキシヒューズホルダー(A)」と「データリンクコネクタ(B)」を
 外します。ピンで止めてあるだけなので後方に押すと簡単に外れます。

DSCN2250b.JPG

B「バッテリーストラップ」を取り外します。バッテリーストラップとは、
 バッテリ本体を車体に固定しているステーのことです。
 ストラップの下部を固定しているボルトを緩めると外れます。

DSCN2253c.JPG

C次にバッテリーのマイナス端子とクランクケースを接続しているケーブル
 を取り外します。まずクランクケース側でケーブルを固定しているナット
 を緩めて外すのですが、以下画像のとおりセルモーターの後ろにあるので
 作業が少しやりにくいです。根気よく少しずつ緩めていきます。

DSCN2223f.JPG

DSCN2228g.JPG

DSCN2239j.JPG

Dナットを外すことができれば、次にケーブルを固定しているクリップから
 ケーブルを外します。クリップ直下のケーブル部分を人差し指でひっかけて
 引き出すようにすると意外と簡単に外れてくれます。

DSCN2200k.JPG

DSCN2260m.JPG

Eバッテリーのプラス端子を覆っている保護カバーを外し、ターミナル部の
 ボルトを緩めてプラス側のケーブルを取り外します。

DSCN2257e.JPG

Fマイナス端子が見えるところまでバッテリー本体をトレイから引き出し、
 ターミナル部のボルトを緩めてマイナス側のケーブルを取り外します。

DSCN2263o.JPG

DSCN2265q.JPG

バッテリーの取り外し作業の報告は以上で、何とか無事に終了しました。
所要時間は概ね20分くらいでしたが、マイナス端子の取り外し作業に慣れれば
あと5分くらいは短縮できそうな気がしました。。

このあとバッテリー本体を室内に持ち込んでトリクル充電器に接続し充電を
開始しました。もともとトリクル充電器にはバッテリ端子部をはさんで接続する
クリップが付属していましたが、電工ペンチでこのクリップを切断し
丸型端子に交換しました。これで一応はバッテリーを車体に装着したままでも
充電することが可能になります(防水性はまったくありませんが。。)

DSCN2281t.JPG

DSCN2271r.JPG

充電器をコンセントに接続し電源を入れると以下画像のように赤ランプが点灯し
充電が開始され、まもなくすると緑ランプが点灯しました。
赤ランプと緑ランプが両方とも点灯したまま約6時間たったあたりで赤ランプが
消灯し緑ランプのみ点灯。この時点で満充電ということなのでしょうね。

DSCN2279s.JPG

DSCN2297b.JPG

年明けの初乗りではセルモーターが勢いよく回転することを願ってしばらくは
室内でトリクル充電しておきます。。

年内のブログ更新は今回の記事投稿にて最後とさせていただきます。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。。m(_ _)m

DSCN2136u.JPG

■■ブログランキングに参加しています■■
↓↓コチラを1回クリックして1票いただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
m(_ _)m いつも応援ありがとうございます m(_ _)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。