2008年11月28日

HDローンの「立ちゴケ安心補償」が適用になるようです!

11月1日に鵜川村井林道へプチツー中に、固定したはずのサイドスタンドが外れ、
車体が転倒してクラッチレバーと左側のペグにキズを付けてしまったのですが、
(詳しくは11月6日のブログ記事をご覧くださいませ)
先週末にオイル漏れ修理でドック入りした際、メカニックの方にそのことを伝え、
車両を一通りチェックしてもらうと、左バックミラーにもキズが付いているのが
発見されました。

立ちゴケして以降、特にクラッチ操作やギアチェンジ操作に問題はないのですが、
いちおうオイル漏れ修理と合わせて異常がないかどうか点検してもらえるように
お願いをして帰りました。。

DSCN1472a.JPG

販売店を後にして自宅に戻ってからのこと、HDローンを申し込んだときに
販売店の営業担当から説明を受けた「立ちゴケ安心補償」のことをふと思い出し、
保管しておいた関係資料を引っ張り出してきて詳しく読み返してみると...

■補償期間
→対象車両の登録日から起算し6ヶ月間

■補償内容
→立ちゴケにより生じた損傷の修理・部品交換費用の実費を5万円を限度に支払

■補償対象車両
→2008年6月1日から8月31日までの間にHDローンを利用して購入したHDの新車

■立ちゴケの定義
→補償対象車両の停車時および乗降時または手押し中の損傷

...などなど「あらまあ私のケースにピタッリはまってるやんかいさ〜!!」
と期待に胸ふくらませ、翌日に営業担当へ連絡し適用可否を問合せてみました。

DSCN1474a.JPG

営業担当からHDローンの取扱会社「ジャックス」へ確認してもらったところ、
「今回は立ちゴケ安心補償の対象になります」との回答があったそうなので、
オイル漏れ修理と一緒に損傷部品を交換してもらうようお願いをしました!!

「なんてラッキーなんやろう!!」というより「立ちゴケ安心補償」の特典を
忘れてしまっていたら大損していたところでした。思い出してホントに良かった!

もし私と同じようにHDローンを利用されている方で立ちゴケしてしまった方は、
上記の補償条件を今一度確認してみてくださいね。
なお本件については、補償金の申請方法などなど、修理完了以降に再度詳しく
お伝えしたいと思います。。

※因みに、本日現在のHDローンには立ちゴケ安心補償特典は無いみたいですので
念のため。。

≪11月29日追記≫
立ちゴケ安心補償条件のひとつとして「HDローン契約と同時に(または契約までに)
HDカードに入会する必要がある」ということが判明しましたので追記しておきます。

DSCN1451a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。