2008年11月23日

本日、オイル漏れ修理のためドック入りしました。。

初回点検時にリアロッカーボックスからのオイル漏れを指摘されて以降、
すでに2000キロ以上の距離を走行していました。

最近では、私が見ても確かにロッカーボックスから若干のオイルが漏れていて、
セルモーターの上部にオイルの滴り跡があるのも確認できるような状態なので、
これ以上酷くならないうちにと思い、本日、販売店へドック入りしました。。

メカニックの方にオイルが漏れている部分を目視チェックしてもらったところ、
前後のロッカーボックスから漏れているのでパッキンを交換するとのことでした。
DSCN1057a.JPG

DSCN1056a.JPG

また、同じく初回点検時にクランクケースとシリンダーの接合部分からも、
オイルの滲みらしきものが確認されていましたが、こちらは初回点検時の滲み状態と
殆ど変わっていませんでした。
DSCN0896g.JPG

メカニックによると「おそらく新車時の部品組み付けの時に塗り付けたオイルが
滲み出たものと思われるのでこちらはもう暫く様子を見ましょう」とのことでした。

あと、購入直後から気になっていた「ギアシフト時の異音」についても、
オイル漏れ修理と合わせて再度念入りに点検してもらえるようお願いしたところ、
応対してくれたメカニックは
「実は私もスポスタに乗ってます。テスト走行してきちんと点検しておきます」
と言ってくれたので、同じスポスタ乗りのメカニックなら任せて安心と思いました。

最後に修理が終わるまでの期間を訊くと、やはり1〜2週間はかかるとのこと。。
ただ、ギアシフト時の異音に関する点検で何か不具合が発覚した場合には、
さらにそれ以上の修理期間を要することになると言われました。。(- -;)

不具合箇所があれば3年の保証期間内にできるだけ修理しておかないといけませんね。
DSCN1450a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。