2008年11月20日

“ヘッドライトバイザー”は何のために付いているのか?

今回はナイトスターのヘッドライト上部についている“ヘッドライトバイザー”
についてのお話です。

私はナイトスターを購入するまでその存在に殆ど気付かなかったばかりか、
“ヘッドライトバイザー”という名称すら知りませんでしたし、
そもそもそのパーツが何のために付いているのか考えたこともありませんでした。
DSCN1298a.JPG

しかし、先週の週末プチツーから帰宅したあと、ヘッドライトに付着していた
虫の死骸を取り除いていたときのこと...

「あれっ?このヘッドライトってフロントフォークに固定されてないっ!!」

...と、いきなり気付いて独りで驚いてしまいました!

国産のバイクだったら左右のフロントフォークにステーで固定されているのが
一般的なんですが、ナイトスターにはそれが「ないっ!」「ないやん!?」
ってな感じで固定されている部分を探してみると

「あっ!あったあった!!こんなとこで固定されてたんか。。」

なんと、ヘッドライトバイザーにナットで固定されていることが分かりました。
ヘッドライトバイザーってドレスアップパーツだと思っていたのですが、
実はきちんとした役目があったのですね。。
DSCN1163a.JPG

このあとオーナーズマニュアルを見てみると「ヘッドライトバイザー」ではなく、
「ヘッドライトブラケット」という名称で説明してありました。
また、ヘッドライトを固定しているナットを回すことで、ビーム調整ができるような
仕様にもなっていました。。皆さんはご存知でしたでしょうか??
DSCN1383a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。