2008年10月17日

リヤサスはいつになったら馴染むのか。。

ナイトスターのリヤサスって結構かたいんです。

納車直後のプチツーで道路のギャップを何気なく越えたとき、
予想もしない突き上げをくらて驚いたことを覚えています。

シートそのものもスポスタシリーズの中では薄っぺらく、
手で押さえるとクッション材があまり入ってないように感じ、
硬めのリヤサスと相まってギャップが多い不整路を走ると
尻が痛くなることがあるんですよね。。
DSCN0375s.JPG

「ローダウン化と合わせて低いライディングポジションが
もたらした代償か。。」と思ったりもしましたが、
逆に、ナイトスターは低速から太いトルクが発生するので、
リヤサスはある程度硬めの方が操縦安定性が保たれる!
という考え方もできるのではと。
DSCN0376s.JPG

暫く走ればサスも馴染んでくるだろうと期待してましたが、
慣らし運転も終わり2000キロ手前というところまできても
あまり変化はないというのが実状です。

やはり「今以上の乗り心地」と「操縦安定性」の両立となると、
ノーマルのリヤサスでは難しいのでしょう。。

ということで、今後の楽しみ「リアサスのカスタム(交換)」
がひとつ増えたのでした。。(^ ^;)

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。