2008年10月29日

【ナイトスターWEB取説!】右ハンドルバーのコントロール類について

“ナイトスターWEB取説”は、ナイトスターの購入を検討されている方のために
立ち上げたカテゴリーです。興味のある方は是非ご参考にしてください。

第5回目は「右ハンドルバーの各コントロールスイッチの操作方法」について
紹介したいと思います。(こちらの画像をご覧ください↓↓)
DSCN1121v.JPG

@“セルスターターボタン”
→このボタンを押すとセルモーターが回転してエンジンが始動します。

A“エンジンストップ・ランスイッチ”
→イグニッション電源を「ON(RUN)」または「OFF」にするスイッチです。
 エンジン動作中にスイッチ上側を押すとイグニッション電源がOFFになって
 エンジンが停止します。
 エンジンを始動するときはスイッチ下側を押して「ON(RUN)」にしておかないと
 セルスターターボタンを押してもセルモーターは回転しません。

B“フリクション調整スクリュー”
→この部分の説明については10/25作成記事をご覧ください。
 ※記事タイトル【ナイトスターWEB取説】フリクション調整スクリューについて

C“右ウィンカースイッチ”
→右折するときなど、このボタンを押すと右ウィンカーが点滅を始めます。
 点滅中に再度このボタンを押すと右ウィンカーが消灯します。
 ナイトスターには「ターンシグナルモジュール」という装備があって、
 車速・加速度・ターン完了を自動的に感知してウィンカーの作動を制御します。
 
 基本的には右折が完了すると右ウィンカースイッチを再度押さなくても
 自動的にウィンカーが消灯するという装備なんですが、
 実際には完璧に制御できるというわけではなく、
 自動消灯しないことも多々あります。。(^ ^;)

あと、左右のウィンカースイッチを同時に押せば左右ウィンカーが点滅し
 「ハザード」としての機能も備わっているのですが、
 私はまだ使ったことがありません。。

※国産のバイクだと、左右のウィンカー操作は左ハンドルバーの集中スイッチで
 操作することができるのですが、
 ナイトスターの場合、右ウィンカーは右スイッチで操作しなければならないため、
 アクセルを回しながらだと操作しにくいときがあります。
 
 これも慣れれば問題ないのでしょうが、国産バイクに慣れてしまっているので、
 しばらく時間がかかりそうです。。(- -;)
DSCN0555b.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。