2008年10月12日

「匠(たくみ)」という名のバイクカバーについて。。

我が家にはクルマ1台分の屋根付きガレージがあるのですが、
クルマを駐車するとナイトスターを止めるスペースはないので、
屋根のない庭の片隅に止めて保管しています。

雨ざらしにもできないので、ナイトスターにフィットする
純正のバイクカバーを注文しようと販売店に相談しましたが、
「カバーにハーレーロゴが入っているので盗難防止の観点から
あまりオススメできません。」との回答でした。

ネットで色々と調べていると、レイト商会が発売している
「匠(たくみ)」というバイクカバーの評判が良く、
ナイトスターに適合するサイズ(3L)もありましたので
販売店に発注しました。
DSCN0970a.JPG

DSCN0968a.JPG

「こだわりの二重構造で、停車後すぐに装着しても
熱に強いインナー素材はエンジン・マフラーに触れても溶けにくい」
という一番のセールスポイントを試してみようと、
ツーリングから帰宅後すぐに装着したことが何度もありましたが、
確かにインナー素材が溶けたような形跡はありません。
その他の機能としては「バタツキ止め」や「防犯ロックホール」など
一般のバイクカバーでも付いているようなものがあります。
DSCN0972a.JPG

DSCN0973a.JPG

DSCN0974a.JPG

DSCN0975.JPG

ただ、問題点としては1日雨が降ったあとにカバーを外してみると、
インナー素材にビッショリと湿気が付着し、タンクやサイドカバー、
フェンダー、その他の各部にも多くの露が付いてしまうことです。
フロント両サイドに設置された通気口をチェックするも、
雨水が進入したような感じはない(露はリアフェンダーにも付着)。
カバーの装着のしかたに何か問題があるのだろうか。。

いずれにしても、この状態で雨が降るたびに露が付くとなると、
そのうちサビが発生してくる恐れもありますので、
一度、販売店に相談してみようと思っています。

PS:湿気が付着したカバーは重みがあって外すのに苦労します。
また、湿ったインナー部分を乾かすために、カバーを裏返しにして
物干しに干す作業もひと苦労です。。
↓屋根付きガレージがあればこんな苦労はなくなるんですけどね。。
DSCN0960.JPG

↓3Lサイズはナイトスターには裾がチョット長めです。
DSCN0964a.JPG

↓裾が地面に付かないようテンションコードを絞るとこんな感じ。
DSCN0966.JPG

↓付属品類です。
DSCN0961a.JPG

DSCN0969a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。