2008年11月30日

オイル漏れ修理が完了しました!

昨晩、オイル漏れの修理状況を確認するため販売店へ架電したところ、
「オイル漏れ修理は今日中に終わりますが、立ちゴケ修理の方は一部の部品が
未入荷なのでもうしばらくかかりそうです。」との回答でした。。

未入荷部品の入荷予定時期を訊ねたところ、ハーレージャパンの方に在庫がなく、
アメリカ本国より取り寄せ中で、入荷次第の連絡になるとのことでした。。
とりあえずオイル漏れ修理は終わりそうなので、いったんはナイトスターを
引取りに行くことにしました。

今朝10時に販売店を訪れ、担当のメカニックから修理内容の説明を受ける。
作業内容としては、フロント・リアそれぞれのロッカーカバーを取り外して、
ガスケットを交換してもらったのですが、交換前のガスケットには特に顕著な
異状は見当たらなかったとのことでした。

実際に、交換前のガスケットを見せてくれたのですが、シロウトの私が見ても
亀裂が入っていたり、熱で溶けていたりというような損傷は見当たらず、
「新品のガスケットです」といわれてもわからないくらいキレイな状態でした。

↓こちらはロッカーカバーの外周にセットされていたガスケットです。
↓キレイなオレンジ色で損傷箇所は見当たりませんでした。。
DSCN1495a.JPG

DSCN1499a.JPG

↓こちらはロッカーカバーの内周にセットされていたガスケットです。
DSCN1496a.JPG

↓こちらはロッカーカバーを止めているボルト穴にセットされていたガスケット。
↓全部で8枚ありましたが、すべて潰れや破れはありませんでした。。
DSCN1498a.JPG

↓担当メカニックから受け取った納品・請求書の一部抜粋です。
DSCN1521a.JPG

DSCN1522a.JPG

DSCN1520a.JPG

DSCN1519a.JPG

↓オイル漏れしていた箇所を撮影しました。修理&洗車してもらいましたので、
↓新車みたいにピカピカです。修理完了後、メカニックが35キロほど試走して
↓漏れがないこと確認ずみです。
DSCN1516a.JPG

DSCN1515a.JPG

ということで、オイル漏れの原因については特定するに至りませんでしたが、
ガスケットを新品に交換したので、しばらくのあいだ様子を見たいと思います。
※このままオイル漏れが再発しなければガスケットが原因だったということに
なりますね。。

あと「ギアシフト時の異音」ですが、同じスポスタ乗りのメカニックに試走して
もらった結果、シフト音やシフトショックは他のスポスタの平均レベルよりも
小さい方なので特に心配することはないとのコメントで何となく安心したのですが、
販売店を後にして自宅へ帰る途中も「カーンッ」と相変わらずのシフト音が。。
(まぁ3年保証もあることですし、あまり神経質にならず様子を見ることにします)

DSCN1505a.JPG

追伸:販売店でオイル漏れ修理時の状況をデジカメで撮影してもらいましたので、
   近日中にブログ記事で紹介したいと思います。。(^ ^)

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)

2008年11月29日

【ナイトスターWEB取説!】フォークロックについて

“ナイトスターWEB取説”は、ナイトスターの購入を検討されている方のために
立ち上げたカテゴリーです。興味のある方は是非ご参考にしてください。

今回は“フォークロック”について紹介します。
ナイトスターを含むスポスタモデルは、ステアリングヘッドにフォークロックが
装備されています。

フォークロックのかけかたですが、ハンドルを左いっぱいに切ったあと、
キーをフォークロックの鍵穴に差し込み、時計方向に回すとロックがかかって
キーを抜くことができます。
※基本的には国産二輪のフォークロックと同様の操作ではないかと思います。

↓黄色の矢印がフォークロックで、青色の矢印はイグニッションキースイッチ。
DSCN1129a.JPG

ナイトスターを購入して暫くの間は、イグニッションをOFFにしてキーを抜き、
フォークロックをかけていれば安心と思っていたのですが、
WEBでハーレーの盗難実例をチェックしていると、フォークロックやメインキーは
いとも簡単に解除されてしまっていることを知りました。。

最近ではディスクロックやUロックなど複数のロックを併用して使っていますが、
ナイトスターは収納スペースが少なく「プチツーへ持参するのは大変」というのが
実情です。。

絶対的な盗難対策はないと思うのですが、セキュリティやGPS機器なども含め、
財布の中身と相談しながらできる限りのことを検討していきたいと思います。。

DSCN1436a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)

2008年11月28日

HDローンの「立ちゴケ安心補償」が適用になるようです!

11月1日に鵜川村井林道へプチツー中に、固定したはずのサイドスタンドが外れ、
車体が転倒してクラッチレバーと左側のペグにキズを付けてしまったのですが、
(詳しくは11月6日のブログ記事をご覧くださいませ)
先週末にオイル漏れ修理でドック入りした際、メカニックの方にそのことを伝え、
車両を一通りチェックしてもらうと、左バックミラーにもキズが付いているのが
発見されました。

立ちゴケして以降、特にクラッチ操作やギアチェンジ操作に問題はないのですが、
いちおうオイル漏れ修理と合わせて異常がないかどうか点検してもらえるように
お願いをして帰りました。。

DSCN1472a.JPG

販売店を後にして自宅に戻ってからのこと、HDローンを申し込んだときに
販売店の営業担当から説明を受けた「立ちゴケ安心補償」のことをふと思い出し、
保管しておいた関係資料を引っ張り出してきて詳しく読み返してみると...

■補償期間
→対象車両の登録日から起算し6ヶ月間

■補償内容
→立ちゴケにより生じた損傷の修理・部品交換費用の実費を5万円を限度に支払

■補償対象車両
→2008年6月1日から8月31日までの間にHDローンを利用して購入したHDの新車

■立ちゴケの定義
→補償対象車両の停車時および乗降時または手押し中の損傷

...などなど「あらまあ私のケースにピタッリはまってるやんかいさ〜!!」
と期待に胸ふくらませ、翌日に営業担当へ連絡し適用可否を問合せてみました。

DSCN1474a.JPG

営業担当からHDローンの取扱会社「ジャックス」へ確認してもらったところ、
「今回は立ちゴケ安心補償の対象になります」との回答があったそうなので、
オイル漏れ修理と一緒に損傷部品を交換してもらうようお願いをしました!!

「なんてラッキーなんやろう!!」というより「立ちゴケ安心補償」の特典を
忘れてしまっていたら大損していたところでした。思い出してホントに良かった!

もし私と同じようにHDローンを利用されている方で立ちゴケしてしまった方は、
上記の補償条件を今一度確認してみてくださいね。
なお本件については、補償金の申請方法などなど、修理完了以降に再度詳しく
お伝えしたいと思います。。

※因みに、本日現在のHDローンには立ちゴケ安心補償特典は無いみたいですので
念のため。。

≪11月29日追記≫
立ちゴケ安心補償条件のひとつとして「HDローン契約と同時に(または契約までに)
HDカードに入会する必要がある」ということが判明しましたので追記しておきます。

DSCN1451a.JPG

↓↓コチラでたくさんのハーレーブログがご覧になれます!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
↑↑是非のぞいてみてください。。(^ ^;)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。